建築・インテリアに使われる広葉樹

Pocket

FavoriteLoadingAdd to favorites

こんにちは、まんぼうです。

早速ですが今回は広葉樹について簡単に書いていきたいと思います。

前回の記事で針葉樹について簡単に説明しましたね。

まだ読んでない方はそちらもどうぞ

→ 建築・インテリアに使われる針葉樹

さらにその前には木材についてもざっくり説明したのでそちらもどうぞ

→ 木材の特徴と種類など

というわけで今回は広葉樹について色々と書いていきたいと思います。



はじめに

先の二つの記事を見た方はここはほとんど繰り返しになるので飛ばしてもらって大丈夫です。

木材は大きく分けて広葉樹と針葉樹に分けることができます。

それらの見た目の違いは文字の通り葉に分かりやすく出ます。

広葉樹は針葉樹と比べて平たく丸っぽく、冬に近づくと紅葉になり、枯れ落ちます。

パッと思いつくのは紅葉ではないでしょうか。

ちなみに広葉樹という名前は、紅葉と広葉をかけて付けた名前なのではないかと疑っています(笑)

広葉樹の特徴

広葉樹は針葉樹と比べて硬く、硬木とも呼ばれます。

先述したように葉っぱの形で見分けがつくほか、多くの広葉樹は幹が枝分かれしている場合が多いという所からも見分けることができます。

その他にも広葉樹は紅葉になり葉を落とすので落葉樹という特徴を持っています。冬に葉が落ちている木を見たら、それは広葉樹です。

逆に冬になっても葉っぱが落ちていない木を見たらそれは針葉樹です。

ちなみになぜ針葉樹と広葉樹が異なるかというのは細胞が異なるということが理由となっているようです。

詳しいことが分かりやすくまとめてあるページがあったので、詳しく知りたいという方はこちらへ → 株式会社マルホン‐針葉樹と広葉樹の違い

広葉樹の代表例とその主な用途

広葉樹の代表例と言えば先にも挙げたもみじが挙げられますが、もみじは建築材料としてはほとんど使われません、主に観賞用の木です。

建築材料として扱われるのは

ケヤキ、ナラ、クリ、クスノキなどがあります。

では、それらの特徴や用途についてみていきたいと思います。

ケヤキ

ケヤキはとても硬い木として有名ですね。

狂いも少なく耐久性にもすぐれ、美しい木目を持っています。

そのため材料としての価格は中々高価になっています。

用途としては、寺建築には欠かせないようです。

それに加えて、近年はあまり使われないようですが身近なところだと家具にも使われます。

他にもお盆やお椀などにも用いられ、これは現代でもよく使われている用途のようです。

 

ちなみにお盆に関しては私の家にも似たようなものがあります(ケヤキかどうかは判断しかねます…)

またケヤキと聞いたら欅坂46のことを連想する人も多いと思いますが、ぶっちゃけ私は全くと言っていいほど知りません。

個人的には三月のライオンというマンガで、ある登場人物のことを、ゆっくりだけれど硬くて強い木になるという意味でこの木に例えていたのが印象に残っています。

脱線しましたが三月のライオン、面白いので是非読んでみてください。

 

ナラ

ナラもまたとても硬い木です。

ただ硬いだけではなく、裂けにくいという性質も持っており、ケヤキと比べて加工性が悪く、昔はあまり利用されてこなかったようです。

ただ、近年は機械の導入で加工がある程度できるようになったため、その硬さを活かして家具などに用いられる様です。

また、ナラから作られる木炭は断面が美しいため茶道などで使われたりもするようです。

その他にも液漏れがない一方微かに空気が通ることからウイスキーの樽などにも利用されているようです。

私はお酒が苦手で普段は全くと言っていいほど飲まないのですが、こういう細かいところまでこだわっていることを知ると、少し飲んでみたくもなります。

クリ

木を見たことはなくても、ほとんどの人が実は食べたことがあると思います。

秋の味覚の代表ですよね、私も大好きです。

クリも硬い木です。

耐久性や耐水性、防虫性などに優れ、土台の材料に昔から利用されていたようです。

特に昔は防虫用の処理技術や加工技術などもなかったためとても重宝された材料のようです。

また、漆などで仕上がると木目がはっきり美しく仕上がるようです。

これらの特徴からテーブルなどの家具としても今は多く用いられます。

クスノキ

クスノキは見た目でいうととても大きくなる木で、樹齢も千年を超えるものがあり、信仰の対象としても存在してきました。

今まで出てきた広葉樹と比較すると柔らかめの木です。

そのため加工しやすく、また磨くと光沢が出るという特徴もあります。

その他にも、内部に樟脳油(しょうのうゆ)という油があるため耐朽性や保存性、虫を寄せ付けないなどの特徴があります。

ただ、ゆがみやひずみなどで狂いやすいという欠点や、樟脳油の影響で塗装が難しいという短所があります。

クスノキは昔から家具などに使われていたようです。

また、柔らかいため彫刻などの材料としても使用されていたようです。

まとめ

いかがでしょうか。

広葉樹について簡単にまとめてみました。

こうやって書いていると自分の家にある木の家具が何で作られているのか気になってきました。

何が何で作られているか知れば、新しく何かを買う時も好みのものが見つけやすいかもしれませんね。

それではまた。

参考にさせていただいたサイトなど

木材博物館

ぱくたそ